渋谷の矯正歯科|渋谷歯科タナカ

子供の矯正

    

子供の矯正

子供の矯正子供の時期に行う矯正治療のことで、成長期であることを活かして行われる治療です。上あごと下あごのバランスや大きさ、成長方向を整える1期治療と歯の位置を整える2期治療の2つの段階があります。中には1期治療のみで終了される方もいらっしゃいます。
一般的に、1期治療は乳歯が永久歯に生え変わっていく6歳~10歳くらいに行うのが効果的であるとされています。咬み合わせの種類や不正の程度、生え変わりの進み方によって、開始時期や使用する装置が異なります。お子さんそれぞれに最適な治療開始時期がありますので、まずは一度ご相談を受けられることをおすすめします。ご相談を受けられた結果、すぐに治療開始とならなくとも、いつごろどんな治療を受けるとよいのか、分かっていることで安心につながります。
お子さんに使用する装置ですので、扱いやすく、危なくない、痛みの出にくい装置を使用します。定期的にお口の中をチェックすることができますので、矯正治療のみならず、フッ素塗布やシーラントなど虫歯予防の処置や生え変わりがスムーズに進むよう管理を受けることができます。

矯正の期間

骨格的不調和の程度や種類、生え変わりの進み具合によって、開始に適した年齢は異なります。

すべての乳歯が永久歯に生え変わる12歳前後までの経過観察を含め、小児矯正治療の期間とさせていただいています。それまでの期間ずっと装置を使用し、定期的に通院しなければならないということではありません。

また、症例によっては、身長の伸びが止まる頃まで注意深く経過観察することが重要となる場合もあります。

PAGE TOP