渋谷の矯正歯科|渋谷歯科タナカ

歯科矯正用アンカースクリューを使用した矯正治療

歯科矯正用アンカースクリューを使用した矯正治療とは

アンカースクリューを用いた矯正歯科矯正用アンカースクリューと呼ばれる小さなネジ様の装置を、歯を動かす時の固定源として用いる方法です。強固な固定源として使用できるため、治療の確実性や精度の向上に寄与し、それに伴い治療期間の短縮も望むことができます。また、従来では困難とされていた歯の動きも達成できるようになってきました。

歯科矯正用アンカースクリューは、歯肉の上から、歯根の間の歯を支えている骨の部分に埋入します。レントゲン撮影により埋入部位や方向を十分に診査した上で、局所麻酔薬を用いて行うため、痛みや腫れを伴うことはありません。また、使用後は取り除き、その跡も数日内に分からなくなってしいます。歯を失ってしまった時に歯の代わりとして埋入する、いわゆるデンタルインプラントとは全く別のものです。

メリットとデメリット

メリット

お口元の突出を改善しやすい

通常、抜歯部位にスペースは前歯と奥歯で引っ張り合いっこをして閉じていくのですが、前歯は後ろへ下がっていきますが、当然奥歯も前へとずれていってしまいます。

強固な固定源として歯科矯正用アンカースクリューを使用することで、奥歯を前へずらすことなく、抜歯して得たスペースを十分に活かして、より大きく前歯を後ろへ移動させることができるようになりました。

治療期間の短縮が望める

前述させていただいた通り、強固な固定源として使用することができるため、同時に複数の歯を動かすことが可能になりました。また歯の動きに確実性が期待できるため、治療期間の短縮が望めます。

治療の幅が広がった

従来、困難であると言われてきた歯のある種の動きが、歯科矯正用アンカースクリューを使用することで可能になりました。そのことで、治療の幅が大きく広がったと言えます。

患者様への負担が軽減される

通常、抜歯部位にスペースは前歯と奥歯で引っ張り合いっこをして閉じていくのですが、前歯は後ろへ下がっていきますが、当然奥歯も前へとずれていってしまいます。咬み合わせの状態によっては、奥歯が前へずれてしまうのを許さないことがあり、そういった場合はヘッドギアと呼ばれる顎外固定装置を使用していただく協力を得ることが必須となっていました。その使用状況によって、治療の成否が左右されていましたが、治療結果を患者様の協力度に委ねることなく、治療目標を達成できるようになりました。

デメリット

歯科矯正用アンカースクリューが緩んだり、外れたりすることがある

非常に簡便な装置で利便性が高いのですが、歯科矯正用アンカースクリューが埋入後、治療中に緩んだり、外れたりしてしまうことがあります。その場合は位置を変えて、もしくは傷が治るのを待って同部位に新しい歯科矯正用アンカースクリューを埋入する必要があります。

装置の違和感

歯を支えている骨の中にネジの部分は入り、ネジ頭に相当する部分のみお口の中に出ているような状態になります。ネジ頭に相当する部分も大きさや厚みがさほどあるわけではないため、ブラケットやワイヤーといった矯正装置の一部として慣れていただけることがほとんどです。ですが、埋入する部位によっては、頬や唇の裏の粘膜や舌が触って一時的に違和感を感じたり、口内炎を作ってしまったりすることもあります。

PAGE TOP