渋谷の矯正歯科|渋谷歯科タナカ

部分矯正

部分矯正とは

部分矯正部分矯正とは、歯列全体を治療対象とするのではなく、部分的に数本の歯のねじれや部分的な咬み合わせの改善を行う矯正歯科治療のことです。
例えば、奥歯の咬み合わせは良好だが前歯に軽度の凸凹が見られる場合や、奥歯を抜いたまま放置してしまったことで隣の歯が隙間に向かって倒れこんできてしまい、このままでは入れ歯やブリッジ、インプラントといった歯科治療を行うことが困難な場合に部分矯正が行われます。
お口のなかを全体的に整える、通常の矯正歯科治療と比較して、部分矯正は動かす歯の本数が少ないため、簡単な治療のように思われるかもしれません。しかし、限られた本数のみにつけた装置で、狙った箇所のみ歯を動かす治療はなかなか難しいのです。

部分矯正の特徴

部分矯正の特徴について、メリットとデメリットをご説明します。

メリット

治療期間が短く終わりやすい

気になる部分のみをピンポイントで治療するため、全体的に整える矯正歯科治療に比べ、治療期間が短く終わることが多いです。短期間で気になるところが治るなんていいなと、誤解があるといけませんので、ご説明させていただくと、治療のゴール設定に限界があるということです。
どんな方にも適応となる治療ではありませんが、条件が揃っていて、部分矯正が十分適応であると診断される場合は、一般的に6〜8ヶ月の治療期間で歯並びの改善を目指します。

費用が抑えられる

部分的に装置を取り付けるため、歯列全体に取り付ける矯正装置より治療費用が抑えられます。付けさせていただく範囲によって費用に変動があります。
歯列全体を整える場合と比較すると、目指せるゴールが変わってくるため、費用や期間といったことのみに着目するのではなく、達成できること、できないことをしっかりと踏まえ、納得いた上で選択させるといいでしょう。

違和感や痛みに慣れやすい

部分的にのみ矯正装置がつくため、全体的に付く場合と比較して、装置の違和感や痛みに慣れやすいことが多いです。

目立ちにくい

限られた範囲に、矯正装置が付くので、その範囲によっては、全体的な矯正より目立ちにくいことが多いです。上あごの前歯に装置が付く場合は、あまり違いは感じられないかもしれません。ですが、唇側に付ける装置を選ばれたとしても、装置は透明のものが付きますので、ひと昔前に比べると目立ちにくさはご実感いただけると思います。

デメリット

仕上がりに限界がある

限られた範囲のみに装置をつけるため、全体的に咬み合わせを整えることができる矯正と異なり、仕上がりに限界があります。思い描いているお口元や咬み合わせに到達できるのか、きちんと説明を受けて、納得した上で選択しましょう。

歯と歯の間のヤスリがけが必要な場合がある

凸凹を改善する場合、隙間を作る目的で歯と歯の間をヤスリがけさせていただくことがあります。もちろん形が大きく変わったり、染みる原因になるほどヤスリがけをしたりすることはございませんのでご安心ください。多くとも1面に対し0.2mmほどと、問題のない範囲内で行います。

部分矯正が適応でない場合がある

著しい不正を抱えており、部分矯正を行うことで全体的な歯並びを悪化させてしまう恐れのある場合には、部分矯正が適応でないことがあります。なかには、無理に部分矯正を行うことで、歯肉の下がりや知覚過敏を招いてしまうこともあるのです。

PAGE TOP